バイク乗りの徒然ブログです!


by soyokaze_8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

いろいろあったぜGW

ども!東京に帰ってきました。
そよかぜです。

明日からまた仕事です・・・・orz
マンドクサ('A`)

ま、それはさておきGW、みなさま、いかがお過ごしでした?
俺は・・・法事です。

なんだかなぁって感じよ。
5/6におばが亡くなって、通夜、告別式まで駆け足だったもの。
2日間、徹夜してたよ。

5/5、子供の日、俺とオヤジ、弟とで九州へ飛ぶ。
もうね、朝から憂鬱。もう間に合わないんじゃないかと思ってた。
のどを切って人工呼吸器で息しているというんだもん。
あとは心臓の動きが止まったら・・・という状態。
厳しいね。

午後一番で病院へ駆けつける我らであった・・・そのとき見たのは、
呼吸器と心電メーター?(あのドラマのピッピッってなる奴よ)の機械音とともに横たわる
おばの姿。
うわぁ・・・なんか胸にズキズキ来た。あんなに四月会った時は元気だったのに・・・・

血圧が60を切っており、かなりまずい状態だ。
そして・・・・日付が変わって5/6、血圧が50を切った状態ではあるが、
まだ心臓が動いていた。

こうなると、遠方から駆けつけて参りました!っていう俺たちの立場は、
かなり気まずいものになる。
もう余談を許さない状態となり、いつ急変するかわからない、おばの病状。
病院に親戚10人くらいが泊まりこみで看病するのだが、
まるで亡くなるのを待っているかのようだった。
もちろん、突然よくなって目を覚ます事を希望しているさ。
だけど、九回裏、相手から10点差をつけられて、ツーストライクまで追い込まれた時に
逆転を願うような・・・「おいおい、そんな奇跡ありえねぇだろ・・・」って気持ちも正直あった。










それでも午前3時を回っても、おばは生き続けていた。
医者までたまげる精神力・心臓の力だった。

そして、午前6時。
少し仮眠していたら、とんでもない臭いが鼻に来た。
人は亡くなる時に、全身の筋肉の力がなくなるという。
尻の内肛門括約筋と外肛門括約筋のどっちも、その力を失ってしまったようだ。
とんでもない量の便が出てしまい、俺の臭気メーターが振り切れてしまった・・・・

正直、医療関係者はすごいと思ったよ。
誰だってもう、痛いくらいの臭いの中、便を処理して、さらにキレイにするんだもの。
頭が下がりっぱなし。
看護師さんを白衣の天使と言うのは、あながち間違いじゃない。
そう思ったよ。すごいな。
他にも痴呆で廊下を徘徊するじいさんに優しく話しかけて病室に戻したり・・・・
俺には絶対に出来ないよ・・・・

そんなこんなで、5/6、おばが亡くなりましてな。
そこから、通夜・告別式となるわけです。

通夜・告別式では、俺は病院で何も出来なかった罪滅ぼしのため、
通夜受付、寝ずの番、告別式受付を行った。
突然にもかかわらず、たくさんの人が見送りに来てくれたんで、
忙しかったんだが、反面嬉しかった。

こんなにたくさんの人が最期の別れに来てくれたんだもの。
死んでから、本当に自分が好かれていたのかがわかるとは、よく言ったものだ。



そうそう、5/7に告別式が終わったのに、どうして今日帰ってきたのかって?
ゴールデンウィークで飛行機の券が買えなかったからさ!
[PR]
by soyokaze_8 | 2006-05-08 23:51 | 独身貴族