バイク乗りの徒然ブログです!


by soyokaze_8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

高所恐怖症と観覧車

ども!そよかぜです。

やっと一週間が終わったぜ~!
あぁ、しんどかった。
そして!土曜の朝からスキーです・・・
確実に朝、起きられないので、今夜は徹夜しておきますよ。

やべぇ~。今、天空にある七つの星を見ていたら、
その傍らに控える星が見える・・・・
死兆星がくっきり見えてるわ~www

そんなこんなでヒマなので、過去の事でもつらつらと。

いや~、俺、ホント高いところ苦手です。
もうね、バンジージャンプやらスカイダイビングやら、
アホかと思いますよ。
柵の無い高いところなんて、立つことも恐ろしい!
ジェットコースターみたいなのは、バイクより遅いので余裕で乗れるんですけどね~。
200km/hくらい出る奴じゃないと、ビビらんぜ、多分。

ま、そんなことはどうでもよくて、こういう人間を彼氏にしてしまうと、
つまらないことになるぜよ。
女性の諸君!


これは、そんな高所恐怖症野郎のお話。





観覧車ってのが死ぬほど苦手だ。
遊園地で最も恐ろしい乗り物と言っても過言ではない。
地上数十メートルを、あんな頼りない腕でぶらんぶらんと揺れながら、
ゴンドラに命を託すしかないんだもん。

スキー場のゴンドラの方が、まだマシだ。
乗りなれているしさ。
リフトも怖かったんだけど、乗らないと滑れないので
慣れ申した。

観覧車は慣れるほど乗っていないし、高さがリフトの比ではないので
こりゃ怖いわな。

そんな観覧車に乗らなくてはいけない事態が起こる。
そう、昔のデート中にそんなことがあったのだよ。
弱いところを見せたくなかった俺は、観覧車に乗り込んだのであった・・・・・


夜の観覧車ってのは、どうやらロマンチックな雰囲気があるようで、
当時の彼女は大喜びだ。
向かい合うようにゴンドラに座り、あの不安定な乗り物に身をゆだねる。
俺は、ずぅっと下を向く。
ゆらゆらゆらゆら、俺はもう恐怖のズンドコ。


「ねえねえ、飛行機~」

「ああ」(見てない)

「夜景だよ~。レインボーブリッジ、キレイ~」

「そうだね」(いいとも」のお客さん風)



「ほらほら、葛西の観覧車~」

「うるさい」(テンパる)

「ほら~、車があんなに小さい~」

「だまれ」

「・・・・・」

「・・・・・」

「・・・隣りに行ってもいい?」

「来るんじゃねぇ!揺れるだろうが!!動くなゴルァ!!」



「・・・・そろそろ終わっちゃうよ・・・・観覧車」

「そうかい、ならもう見ても大丈夫だろ・・・・」


てっぺんでやんの。


うわぁぁあぁぁqあwせdrftgyふじこlp!!
図ったなシャア!!

なんなんだ、このショートコント。
この後、頭にゲンコツ落としたその彼女はもういない。

あ~あ。
こんなベタなコントも今じゃ出来やしねぇ。
[PR]
by soyokaze_8 | 2006-01-28 02:54 | 独身貴族