バイク乗りの徒然ブログです!


by soyokaze_8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

勝てる戦?そんなもんは無い!!

ども!
知り合いの女の子に片っ端から「合コン営業」を
かける予定のそよかぜです。

やばい。一人もいいけど、やっぱ寂しいじゃん!?
特に平日。電車の中とかさ。
カッポーばっかでイヤになるよ。

自分のアジトにさえ帰ってきてしまえば、こっちのもので
一人でもヒマつぶせるんだけど会話が無い。
ゼファー様がいらっしゃるから、まぁ退屈はしないんだけどね。
人と会話しないと腐っちまうわ。
つーわけで合コンね。

話すならやっぱ女の子と話したいじゃん(笑)。
んでもって、あわよくば彼女という生き物をゲットしたいじゃないですか。
女の子ってのはコクってきた男としか付き合わんのだろ。
浮気だろうがなんだろうが・・・・
ってことは、こちらからとにかくモーションを起こすしかない。
しかし、起こしたはいいが、断られて、その後に続かないのは、
これまた寂しいではないか。
・・・・100発100中のイケメンでも無い俺なんだし、
弾は多い方が的に当たる確立は上がる!!
弾は多い方がいいじゃないか、そうだろ諸君。
選択肢は多いに越した事は無い。
弾丸をガンガン撃ちまくりゃ、そのうちなんとかなりそうじゃん!
弾に当たる娘いるかもしれないじゃん。

勝てる勝負しかしないの?
なんて聞かれたが、それは間違ってる。
勝てる勝負が無いから、とにかく挑むしかないんだよ、こっちは!

女をなんだと思っているの?って聞かれそうだけど、
こっちが「男をなんだと思っていやがる!!」って聞いてみたい。
そう、今、荒んでるんだよ。

夜はたま~に湾岸道路を流しに行ったり、ネットしたり、
仕事片付けたり、そういうのも充実していいけど、
やっぱその・・・・なんというか・・・・
ラブラブな会話っちゅう奴ですか?
そういうのをたまにはしたくなるわけよ。
硬派な俺でもね(笑)。

だから「合コン営業」。
今日、ちょいと近々、職場で辞める娘に「次、就職するところは女が多いところにせよ」と
諭してみました。
ほんで、新しい職場の友達ってのを連れてきて!!みたいな。
地元で無敵(!?)を誇るこの俺にしては、相当情け無い真似するようになっている。
どんまい。

ほんで、聞かれたのが「どんなのが好みか?」ってこと。


俺の好みねぇ・・・・面食いなほうなんだけど、やっぱ優しい娘がいいよね。
告白した時に「あっそ、私アンタ嫌い」とか無情なこと言わない娘(笑)
正直に言ってしまえば、好みは「無い」。
好きになったら、それが好みのタイプ。
対象年齢は「ゆりかごから墓場まで」の幅の広さ!
・・・・う~ん、まさに死角なし。

おいおい・・・俺様よ、どこまで卑屈になってんだ!!バカ!
まったくよ、あの頃のソウルはどこに置いてきた!



ま、でもこの歳にもなって彼女いないんじゃ、ちょっと焦るってのも事実。
今日び女子高生にも(女子高生だから!?)彼氏がいるってのに、
なぜ社会人、オトナの男性の俺に彼女がおらんのだ!!
マジメに生きているではないか!!
親父が俺の歳にはもう、俺3歳になってたんだぜ。
なんなんだ、この差はorz


出会いが無いと言ってみる。
出会いなんてそんなん、本当はごろごろしているんだけど、
実は知り合うキレイな女の子はみ~んな彼氏持ちなわけですよ。
そりゃそうだ。
キレイな女の子なんて、そりゃ周りが放っておかんだろう。


じゃあ奪う?いや、そんなことしないよ~。
勝ち目の無い戦いはしない!
「彼氏がいるのは知ってます!!でも・・・好きなんです!!」てな具合で玉砕ってのも
青春の1ページには刻まれているが、さすがにこの歳だとリスクは追いたくないわけ(笑)
つーわけで、「現在フリーで可愛い娘」を探しまくろうと!!
そういうことです。
そんな娘がいるのがまず、奇跡のようなモンだけどね。
かっこ悪いが、背に腹は替えられん!!
クリスマスに野郎連中とクリスマステロを行うような事態は、
断固拒否しなければ!
寒い時期に、さらに寒い思いをするのはイヤなんだよ。

ようやく女性不信の状態から回復してきたんだ。
でも、まだまだリハビリは必要なんで、合コンで「女の子」に
慣れていかないと!!
会話が自然に出来るようにならないと!!

ま、とにかく生活に彩を持たせるため、ヤルぜ~、俺。


・・・・と、その前に、湾岸道路を走ってこようっと!!
今夜も頼むぜ、ゼファー様よ。
週末の夜も頼むぞ。かっ飛ばそうぜ。


この憂鬱を吹き飛ばせ、ゼファー!
[PR]
by soyokaze_8 | 2005-09-02 00:57 | 独身貴族